top画像左

年齢と汗のかき方の変化

何度もいうが、汗のかき方の変化は年齢や環境によって変わってくる。科学的な根拠と言うより、自分の経験論だが。

年齢や環境で汗の出る量が変わる?

結論から言うと年齢や環境で汗のでる量は変わります。

変わるというか、変わらなければ逆におかしい。20歳の若者と50歳のおっさんでは代謝も違うし、活動量も食事内容も全く違うからだ。

ある時から汗のかき方が変化したような気がする。

これは気のせいではない。私自身40代のおっさんだが、それは大いに実感している。

あ、そう。

で終わる話だが、ちょっと困る事もあるのだ。

カレーうどんなどの辛い物をたべたら顔と頭だけ汗が噴き出るのが悩みになっている。顔と頭だけに汗がでるのだ。

若い頃は顔や頭に汗なんてかかなかった。

それが今では、辛い物、酸っぱい物、暑い物を食べると顔汗や頭汗が噴き出るのだ。

他の部位、脇や足や手には一滴も汗が出ていないにもかかわらず、顔と頭だけは大粒の汗が噴き出るのだ。

そこまで言うなら食べなければいいだけの話なので、汗がでて困る状況では食べない様にしている。

例えば、外出時には辛い物、極端にすっぽい物(おすしのガリとか)を食べなければ困る事はない。あるいは、ハンドタオルなどを持っている時は安心してからい物も酸っぱい物も食べられる。

顔や頭に汗をかいても困らない状況なら食べたらいいだけの話なのだ。

そういうことなので、辛いもの、極端に酸っぱい物を食べる時は決まって自宅となるわけなのだ。

思えば、自分の父親も何故か顔だけ汗をかいていたような気がする。

自分が20代くらいの時に父親とたまに実家で食事するとそういう事をよく見ていた。

逆算すると父親は40代後半から50代前半だったと思う。

何度もいうが、汗のかき方の変化は年齢や環境によって変わってくる。科学的な根拠と言うより、自分の経験論だが。

年齢の変化と汗のかき方の変化の関係

年齢と汗の関係は女性のほうが顕著に違いが出ることも多いようだ。

ここまで来ると女性ホルモンが関係する更年期障害などの話になってくると思う。

20代後半の頃、会社の同僚が安いTシャツを爆買いしていた。

安ければいい、
柄やデザインはなんでもいい、
とにかく数が多い方がいい。

聞くと

「母親が更年期障害で汗が大量に出て・・・。それで着替えが必要なんだ。」

その時は、そういう事もあるんだな。

しか思わなかった。

しかし、多少の症状の違いはあっても自分の母親にもそういった変化はあったとのことを確認している。

逆に、高齢者と呼ばれる年齢層になると汗のかき方も少なくなるのかもしれない。

これはお年寄りが汗をかいて手ぬぐいやハンドタオルやハンカチでフーフー言いながら汗を拭いている所が想像できないのが根拠だ。

スポーツで汗を流す。

これはストレス解消になるが、体調や環境、年齢の変化で汗をかくのはストレスやホルモンバランスの悪化のサインかもしれない。

なので、悪い汗のかき方といえるかもしれない。